山形県 酒田市

本間美術館 特別展「本間家が守り伝えた品々」

江戸時代、酒田は日本有数の北前船寄港地として栄え、通りには100件
近くの廻船問屋が軒を連ねました。
その一つが日本一の大地主となった「本間家」。
各地の大名に資金提供していた本間家には、大名から贈られたた逸品が
多数所蔵されています。
現在、酒田市内にある本間美術館では、本間家創業330年記念として、
それら本間家ゆかりの名品を一般公開しています。
12月1日(日)には、本間家研究の第一人者である田中館長の
ギャラリートークも予定されています。
この機会に、歴史ロマンを感じる名品の数々をぜひお楽しみ下さい。

※本間美術館では、ミシュランガイドにも紹介されている日本有数の
池泉回遊式庭園・本間氏別邸庭園(鶴舞園)や東宮殿下(昭和天皇)が
ご宿泊された清遠閣などもご覧いただけます。

<会期>
令和元年11月14(木)~12月20日(金)
休館日:12月 火・水曜日(祝日の場合はその翌日)

<開館時間>
午前9時~午後4時30分(入館は午後4時まで)

<入館料>
・一般1,000円 高・大学生450円
・小/中学生は無料
上記入館料で、国指定名勝「本間氏別邸庭園(鶴舞園)」、
本間家旧別荘「清遠閣」もご覧いただけます。

場所
本間美術館・美術展覧会場

公式サイト
http://www.homma-museum.or.jp/

お問い合わせ先
公益財団法人 本間美術館
〒998-0024 山形県酒田市御成町7-7
TEL:0234-24-4311
FAX:0234-24-4312

タグ

  • 山形県 酒田市